残業代の支払いは法律で決まっている

残業代の支払いは法律で決まっている

残業代の支払いは法律で決まっている

入社する時、会社に誓いをたてることも多いですよね。会社独自のルールが展開されていたとしても、なかなか抵抗する事はできません。そんなことすれば、入社早々いじめに遭ってしまうかもしれませんし嫌がらせをされてしまうかもしれませんし、解雇されてしまうかもしれませんよね。

 

会社といえども人が経営しているものなのですから、感情が入ってどのような仕打ちを受けてしまうか分からないですよね。入社する時おかしいと思っていても、会社独自のルールに従うと会社に誓わなければならない状況は多いです。しかしどれだけ会社側に誓ったところで、独自のルールの中に、残業代の支払いがないと書かれていたような場合は、従う必要がありません。会社のルールよりも、国の法律の方がずっと強いですよね。

 

会社のルールなんて、いわば勝手に社員に押し付けているなにの力もないものです。ですので、入社する前に残業代をもらわないと約束していたような場合でも、残業代請求することは可能なのです。残業代請求して会社側から、約束と違うと言われたような場合でも平気です。

 

国の法律で残業代は支払う必要があると決められているのですから、何も怖いものはないのです。変に律儀になって、入社当時の約束を守らなければならないと、サービス残業を受け入れる必要はありません。そもそも、残業代の支払いがないと会社のルールで決まっているような所は、おかしな会社です。そのような会社の勝手なルールに従うことなく、日本国民として日本の憲法に従って行動しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ