労働組合に助けてもらう

労働組合に助けてもらう

労働組合に助けてもらう

残業代を支払ってもらっていなくて、残業代請求していきたいと考えているのであれば、労働組合に加入してみてはどうでしょうか。労働組合に加入することで、残業代請求しやすくなりますし、助けてもらうことができます。精神的にも落ち着くことができて、残業代請求を遂行することができます。

 

労働組合に加入すると、どのような良い条件があるのでしょうか。労働組合に入ることで、同じ目的を持っている仲間を沢山作ることができます。同じ目的を持っている仲間がいるだけで、人は強くなれるものです。

 

労働組合に加入する残業代請求するとなると、メンタル的に強くなければ傷ついてしまうことも多いですし、やめてしまおうと挫折してしまうこともあるかもしれません。残業代請求することで嫌がらせの対象になってしまったり、いじめの対象になってしまうことは多いです。

 

大人の世界なのに馬鹿らしいことですが、これが現実なのです。社内での嫌がらせやいじめに負けないためにも、労働組合に入って助けてもらいましょう。労働組合が実際に会社まで来て助けてくれるわけではありませんが、労働組合に加入することで仲間ができるので精神的に強くなれて、物質な嫌がらせやいじめにも立ち向かって勇気が出てくるのです。

 

会社で、労働組合の設立が禁止されているような場合でも、それは法律で決まっているわけではないので個人の自由です。入社前に労働組合に加入してはいけないとか設立してはいけないと言われていて、それを約束していたとしても、労働組合に加入することは可能ですし設立することも可能なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ