労働組合を立ち上げよう

労働組合を立ち上げよう

労働組合を立ち上げよう

残業代未払いがあれば、残業代請求しましょう。過去2年分ならば、残業代請求して残業代をもらうことができるのです。これは労働基準法に基づいているものなので、社員の権利なのです。残業代は普通の給与よりも25%アップでもらえなければなりません。

 

それが国の法律で決まっています。時間外勤務となるので、普通よりも高いお金をもらって働くことができるのです。残業代をもらえるならば残業を頑張りたいと考える人も多いはずです。お金はどれだけあっても有り難いですよね。

 

しかし、25%アップの残業代をもらえるところか、残業代未払いだったり残業代カットされてしまったような場合は、どのような理由があったとしても理屈が通りません。法律違反なのですから、立ち向かっていかなければならないのです。残業代請求するのであれば会社から嫌がらせを受けるようなこともありますし、精神的にかなり辛い思いをしなければならないことも増えてきてしまいます。特に日本人は1人で行動するのが苦手で、多くの人と行動をともにすることを好みます。それならば、労働組合に加入しましょう。

 

労働組合では同じ気持ちの人達が集まるので、仲間を作ることができて精神的に強くなれます。労働組合が会社にないような場合は、自分が労働組合を立ち上げてみてはどうでしょうか。自分が労働組合を立ち上げることで、同じ目的の仲間を集めることができますよね。労働組合を禁止しているような会社でも、それを阻止することはできません。幾ら禁止と言っていても、それは社員の自由だからです。


ホーム RSS購読 サイトマップ