ボーナスカット

ボーナスカット

ボーナスカット

社員全員で残業代請求できたならばとても心強いですよね。1人の戦いではなく、社員みんなでともに戦っていく残業代請求は、会社側としてもかなり困りものなので、早く解決するのではないでしょうか。しかし、残業代請求が受け入れられて残業代が支払われて、それですべてが丸く収まらない場合もあるのです。

 

残業代を支払う代わりに、ボーナスカットされてしまうようなこともあります。実際に、残業代請求して残業代をもらったのにボーナスカットされてしまったのでかなり困ってしまったという社員も多いのです。すごくずるい方法ですが、そのような方法で対抗してくる会社も多いのです。

 

しかし、それを法律によって裁くことはできませんし、阻止することもできません。同じ会社で今後も働いていく、その上で残業代請求するのであればボーナスカットについても考えておく必要があるでしょう。ボーナスカットされることで、残業代をもらうよりも痛手を負ってしまう人だっていいます。今はどこも経営が苦しいですよね。

 

会社側としてはどうにか経費削減していかなければならないのです。ボーナスカットも、苦肉の策といえるのではないでしょうか。残業代請求は過去2年分を行うことができます。それより前の分は、残業していたとしてもその証拠が残っていたとしても、残業代請求することはできませんし泣き寝入りするしかありません。過去2年分の残業代請求をして幾らになるのか、ボーナスカットされてしまったならばどれくらい減るのか、二つを照らし合わせて残業代請求について考える必要があるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ